新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

新機能 オンラインイベントが検索できるようになりました。オンラインイベントとして検索できるようにするには こちら をご確認ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

29

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]

RDRAでの要件定義後の「仕様化」の活動で役立つ事例を紹介してみます

Organizing : RDRA MeetUp運営

Hashtag :#RDRA_MeetUp
Registration info

(リモート:zoom)必ず/ほぼ参加します枠

Free

FCFS
110/120

(リモート:zoom)参加だけど、キャンセルする可能性もあります枠

Free

Standard (Lottery Finished)
72/80

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

zoomを使ってのリモート開催です。zoomのURL等は、参加者にメール+上記の案内にてお知らせします。

zoomのURLは、前日に1回、当日18時ころに1回メールでお知らせ予定です。

プロモーション

モデルベース手法であるRDRA(らどら:リレーションシップ駆動要件分析)は業務システムに対する要件定義において非常に効果的な手法で、最近は実際に試してみたことがある人も増えてきたのではないか思われます。

しかし、素晴らしい手法を適用したとしても、実際の開発では(手法になれていないことや適用範囲の相違などを含め)何らかの困りごとが発生するものです。今回は、「RDRAでの要件定義後」に実際に発生した「仕様化」における困りごとに焦点をあて、実際の課題や工夫した内容、その体系化の案について紹介します。

具体的には以下を紹介する予定です。

  • RDRAでの活動の一例
  • よく見かけた課題のはなし
  • こんなのできると嬉しかったというはなし
  • 工夫としてのRDRA+プロトタイピングの紹介
  • その他仕様化における工夫、体系化の紹介(仮)

この工夫において、「プロトタイピング」の考え方を取り入れた方法を多く紹介する予定です。RDRAと組み合わせることで効果を発揮しやすいことから、仮に「RDRA+プロトタイピング」という名称でまとめております。 実際にはプロトタイピングのみではありませんので、仕様化段階で役立つTIPSについてまとめて紹介するつもりです。

注意事項

RDRAでの要件定義事例を一部紹介しますが、RDRAの手法自体の説明は行いません。RDRA自体を知らない方は以下の書籍を参考にしてください。

参考:RDRA2.0 ハンドブック:軽く柔軟で精度の高い要件定義のモデリング手法

また、本イベントで紹介するプロトタイピングに関しては、以下の書籍を一読いただくとイメージがつきやすいです。

参考:デザイナーのためのプロトタイピング入門

イベント概要

全体の流れとして、以下のような内容を紹介予定です。

  • RDRA+プロトタイピング(仮)および仕様化事例の紹介
  • 実際に使用したプロトタイピングの各ツール、TIPSの紹介
  • 自由な質疑(Zoomのメッセージ機能で受け付ける予定です)

※RDRAについては知らなくてもよいですが、事例中心で紹介するためにRDRA自体の紹介は少な目になります。RDRAについてRDRA2.0 ハンドブックで学習していただけると、よりイベントを楽しめると思います。

アジェンダ

時間 予定
19:00-20:00 RDRA+プロトタイピング(仮)および仕様化事例の紹介、および各ツール、TIPS紹介
20:00-20:30 質疑

メイン発表者

水野 昇幸(みずの のりゆき)

Twitter: @NoriyukiMizuno

過去の発表

  • ET⁻WEST2018:なぜ組込みシステムにおけるテストは難しいのか ~2つのテストアーキテクチャによってテストを組立てる~
  • (共著)InSTA2019 Coexistence of test execution efficiency and test
  • (共著)InSTA2018 Proposal for Adding a “Test Concern” Concept to UTP2
  • (共著)InSTA2017 Test Conglomeration - Proposal for Test Design Notation Like Class Diagram
  • JaSST17関西 納得できるテストをつくるアプローチ
  • SQiP2014 CCPMの考え方を活用したテストフェーズにおける課題解決 ~課題発見、解決までのケーススタディ~

会場

zoomでのオンライン開催となります。

参加人数

zoomの制限となりますが、合計100人までとさせていただきます。 6/14追記:ひとまず200名まで増枠しました…

申し訳ありませんが、補欠者の方は参加できません。参加予定の方が参加不可能となった場合には、事前キャンセルいただくようお願いしますm( )m

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

NoriyukiMizuno

NoriyukiMizuno published RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催].

06/05/2020 12:18

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催] を公開しました!

Group

RDRA MeetUp

Number of events 3

Members 271

Ended

2020/06/29(Mon)

19:00
20:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/06/05(Fri) 12:03 〜
2020/06/29(Mon) 18:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(182)

irof

irof

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催] に参加を申し込みました!

Takashi Shibata

Takashi Shibata

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

yachiy

yachiy

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

koooooooooooki

koooooooooooki

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

ume2_sendai

ume2_sendai

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催] に参加を申し込みました!

Shukuguchi

Shukuguchi

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催] に参加を申し込みました!

佐藤 治夫

佐藤 治夫

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催] に参加を申し込みました!

acha

acha

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

imtnd

imtnd

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

いとたけ

いとたけ

RDRA+プロトタイピングおよび仕様化事例紹介[リモート開催]に参加を申し込みました!

Attendees (182)

Canceled (9)